”被写体”ってこんな楽しい世界なんだと知ったきっかけ

色覚異常という「見え方の違い」

ヒヤリ・ハットって知ってる?

キックボードを安全に楽しむために!交通安全のプロが解説

キックボードは自転車に似た感覚で乗ることができるし、細い道路でも走れるので楽ちん。でも要注意!キックボードには、足で蹴って人力で進むものと、電動式のモーターの力によって進むものがあり、道路交通関係の法令の扱いが異なるのです。今回は交通安全のプロとして気をつけてほしいことを書きました。安全に楽しみましょう!

逃げないで!万が一の自転車事故~

自転車を運転中に、ひやっとした、ハットした体験(ひやりハット体験)をしたことのある人は多いのではないでしょうか? 運転免許も必要なく老若男女関係なく、誰もが利用できる自転車です。たまたま交通事故にならなかったから良かったが、万が一事故になったら・・・・ 事故現場から立ち去らないことが大事です!

”被写体”ってこんな楽しい世界なんだと知ったきっかけ

NEONAVI編集部のすずめです。今回は、わたしが大学1年生の頃から始めた”被写体”に関して。被写体とは、写真に写るひとのことです。わたしは、SNSで活躍するフォトグラファーと協力しながら、作品として写真に写る活動をしています。本日は、被写体を始めたきっかけと、被写体を始めたことによる心の変化のお話です。

色覚異常という「見え方の違い」

多くの人とは色が異なって見えたり、少し違う色に感じてしまう状態を色覚異常といいます。色の区別がつきにくいのが大きな特徴で、例えば、通常なら赤に見えるものが緑に見えてしまうとか。発症率は男性がおよそ20人に1人、女性だと500人に1人の割合だといいます。症状には程度の差はあるものの、「赤と緑」「茶色と緑」などの区別がつきにくいことが多いです。