• 2021年 7月
LIFE

色覚異常という「見え方の違い」

多くの人とは色が異なって見えたり、少し違う色に感じてしまう状態を色覚異常といいます。色の区別がつきにくいのが大きな特徴で、例えば、通常なら赤に見えるものが緑に見えてしまうとか。発症率は男性がおよそ20人に1人、女性だと500人に1人の割合だといいます。症状には程度の差はあるものの、「赤と緑」「茶色と緑」などの区別がつきにくいことが多いです。

SCHOOL

国立、公立、私立…進学先に困ったら。

高校生のみなさんが大学進学を考え始める際、大学にはいくつかの“種類”があることに気付くでしょう。今の日本の大学は大きく分けて、国立大学、公立大学、私立大学の3つがあります。同じくらいのレベルだったら私立、国立、公立どこに進学すればいいのでしょうか。各大学の違い・特徴を解説します。