「就職は絶対にしないといけないの?」と悩む高校生必見!【就職しない働き方】

多くの高校生が悩みやすい、就職や将来の職業の選び方。学校の先生や親から、

「就職はどうするの?」「将来どんな会社で働きたいか考えてる?」

と言われたことはありますよね。

周りの大人からそう言われて、「学校を卒業したら必ず就職しないといけない」という考えに囚われて不安を抱えている人や、憂鬱な気分になる人はたくさんいると思います。

そこで今回は、『就職しない働き方』についてお話しします!この記事をきっかけに、高校生の皆さんに「就職のほかにこういう働き方もあるんだ」と知ってもらえたら嬉しいです。

それでは、ぜひ最後までご覧ください!

就職は絶対にしないといけないの?

多くの高校生が思っている「高校(もしくは専門学校・大学)を卒業したら、就職は絶対にしないといけないの?」という疑問について。

単刀直入に言うと、絶対ではありません。そもそも就職は働き方のうちの1つなので、する・しないは人の自由です。

例えばですが、

  • 「◯◯がやりたいから、絶対に会社に入りたい!」
  • 「安定した生活・収入がほしいから、とりあえず正社員になりたい」

このように、会社に就職することで自分の目標・目的が叶うのであれば、就職した方がいいでしょう。

ですが、上記のことにピンとこない人やそもそも就職を視野に入れていない人は、無理をして就職する必要はないと私は考えています。ただし、その場合は「自分は将来何をしたいか・どうなりたいか」をある程度考えたうえで、就職しない道に進むのが望ましいです!

『就職しない(正社員にならない)=悪いこと』ではない

『就職しない(正社員にならない)=悪いこと』と感じてしまう人がいますが、そんなことはありません。

自分で考えた将来の目標・目的を達成するために、就職しない働き方で生きていくことを決めたのであれば、「悪い」なんて思わなくていいんです。

正社員でもそれ以外の働き方でも、ちゃんと自分の将来や成長に繋がるように行動や努力をして一生懸命働くことは、すごく立派なことです。なので、就職しない道に進む人は自分を卑下する必要はありません。

就職以外にも働き方はいろいろある

就職以外にはどんな働き方があるのか、気になりますよね?

ざっくり例を挙げると、

  • アルバイト(フリーター)
  • フリーランス/自営業
  • 起業

などがあります。

アルバイト

アルバイトは、正社員になるよりも職につく際の手間やハードルが低いです。時間や曜日を選べるので、無理をしない範囲で働けます。実際に私の友達や知り合いに、アルバイトをしながら自分の夢を叶えようと頑張っている人たちがいます。

アルバイト先を探す際には、将来のなりたい自分に近づける、もしくは関係する場所がおすすめです。もちろん無関係なアルバイトも自分の経験として無駄になることはありませんが、その場合は自分の夢や目標を見失わないように時間の管理をうまくやることをおすすめします。

フリーランス/自営業

フリーランスは会社に属さず、稼げるスキルを身につけて仕事をする人のことを指します。私も今、フリーランスのWEBライターとして活動中です。

フリーランスはWEBライターのほかに、WEBデザイナー・プログラミング・動画クリエイターなど、さまざまな種類があります。スキルを習得するには専門の学校に行くか、オンラインスクールに申し込むか、独学で学ぶかなどいくつか選択肢があります。(ちなみに私はオンラインスクールで学びました)

稼げるようになるまでは時間・労力・努力が必要になりますが、一度スキルを身につければ確実に収入に繋げられます。また、フリーランスは好きな時間や場所で働くことも可能です。

起業

起業とは、自分で考えた新しい商品・サービスなどを事業にすることを指します。

例えば、

  • ネットショップを開設してハンドメイド雑貨・アクセサリーを販売
  • 飲食店を開業してオリジナルレシピの料理を提供
  • オンライン教室を開いて語学を教える

などがあります。自分の得意分野や好きなことを追求し、それをビジネスとして確立させて収入を得る働き方です。

起業もフリーランスと同じように、稼げるまで時間や労力などは必要になりますが、ビジネスとして成立すれば収入を得られるようになります。

どの働き方にもメリット・デメリットはある

どの働き方にもメリット・デメリットはあります。

下記に簡単にまとめたので、見てみましょう。

就職(正社員)

【メリット】

  • 収入・雇用が安定している
  • ボーナスがもらえる
  • 社会的信用度が得やすい

【デメリット】

  • 仕事への責任が重い
  • 時間や働く場所の自由度が低い
  • やりたい仕事だけができるとは限らない

アルバイト(フリーター)

【メリット】

  • 時間・曜日を決めて働ける
  • プライベートが充実しやすい
  • 仕事の責任は少ない

【デメリット】

  • 収入・雇用が安定しにくい
  • 正社員と比べて収入は低め

フリーランス/自営業

【メリット】

  • 好きな時間・場所で働ける
  • スキルを磨けば収入アップが期待できる
  • 人と関わらなくても働けるので、人間関係のストレスを感じにくい

【デメリット】

  • スキルアップしないと収入は上がりにくい
  • 1人でする仕事がほとんどなので、孤独を感じることがある

起業

【メリット】

  • 自分のアイデアを仕事にできる
  • うまくいけば高収入を得られる
  • 好きな時間に働ける

【デメリット】

  • 収入が安定しない
  • 事業内容によっては資金が必要
  • モチベーションが続かないと失敗する可能性が高い
  • 人を雇う場合、社員に対する責任を負う必要がある

メリット・デメリットをしっかり把握してから働き方を選ぼう

どの働き方にもメリット・デメリットがあるので、それらをしっかり把握する必要があります。

それぞれのメリット・デメリットを理解し、「自分は何ができるようになって、将来どうなりたいか」を考えて、自分に合った働き方を選びましょう。

私がフリーランスの道を選択した理由

私は美大を卒業して、今フリーランスのWEBライターとして活動していますが、なぜこの道を選択したのか、理由をお話しします!

私がこの道を選んだ理由は、

  • 将来自分で作った作品を売るときに、文章力が必要になるから
  • 好きな時間に働けて、自分の時間に余裕が持てるから
  • スキルを磨いて文字単価を上げていけば、何十万と稼げるようになるから

などがあります。

文章力を身につけてスキルを磨けば、収入を上げることや自分の作品を売るときの売上にも繋がります。私は自分の将来を考えたとき、「このスキルを身につければ後々絶対に役に立つ」と判断しました。そこからオンラインスクールでライティングを学び、今の仕事を始めました。

また、フリーランスは自分の好きな時間に働くことも休むこともできるので、時間に余裕を持ちやすいです。私はライティング以外にも身につけたいスキルがあるので、空いた時間はそのスキルの勉強をしています。

会社に就職して安定することよりも、フリーランスで自由に働きながらいろんなスキルを学びたいと思い、この道を選びました。安定した収入を稼げるようになるまではかなり大変ですが、自分の将来に役立つスキルだと確信しているので、諦めずに続けたいと思っています!

まとめ

就職以外にも働き方はいろいろあります。

  • 自分が将来なにをしたいか
  • どんな生活をしたいか
  • どんなスキルを身につけたいか
  • どんなことでお金を稼ぎたいか

などを考え、それぞれのメリット・デメリットもちゃんと把握してから、自分に合った働き方を選ぶといいでしょう。

就職でもそれ以外の道でも、自分の将来や成長に繋がるために行動・努力をすることを忘れないでくださいね。

それでは、ここまで読んでくださってありがとうございました!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA