【ゆうらく】宝石のオムライスと夢のパフェ~下町と純喫茶、浅草橋~

優しい、おいしい、安い、そして混まないという最高の条件が揃った、下町純喫茶の魅力を集めるシリーズ。今回は手芸の街、浅草橋「ゆうらく」。1973年から続く歴史ある喫茶店です。

宝石を食べるオムライス

ゆうらくの名物はやはりこのオムライス。

SNSで見かけることも多いと思いますが、どうしたって写真を撮りまくってしまう見た目をしています。それと、これはどうしようもないことなのですが、絶対に「実物のほうがいい」です。目の前に運ばれてきた時、照明の光に輝くたまごにこれは宝石だ!と思いました。

見た目を褒めまくったあとは、できたてあつあつをひとすくい。

バターの香りが鼻に広がって幸福!グリーンピースが入ったチキンライスはド王道の味で、子どもの頃のオムライスに対するわがままな気持ちを思い出しました。

ケチャップは端っこにひとすじなので、ケチャラーには量が少ないかと思ったけど、見た目に反してたっぷり。シロップやソースはデフォルトで多めなのが下町純喫茶らしい!

こどもの頃に夢見たパフェ

バナナパフェ ¥580

パフェは「チョコレート」「いちご(期間限定)」「バナナ」の三種類。

取材時(6月)はすでにいちごが終わってしまったので、バナナパフェを食べてみました。

この見た目、ほんとにヤバくないですか?

カラースプレー!!!!

小さい頃に、ひたすらにかわいくてきゅんきゅんするデザートを食べたい願望。これが580円で叶うなんて。バナナは大きめに切られていて、一口ではとても食べれない大きさ。もりもりのクリーム。その下にはあまいアイスクリームとシロップ。ひたすらに甘やかしてくれる夢のパフェです。

ゆうらく 基本情報

座席が多くて開放的な空間。満席で入れないことはほぼありません。

ただ、第2第3土曜、日曜、祝日が定休日なので、訪問する際には平日が確実!土曜日はカレンダーをチェックして行こう。

誰もがおばあちゃん家を思い出すような内観。

ところどころに山や花の絵が飾ってあって癒やされる。

  • 住所:東京都台東区浅草橋1-2-10
  • TEL:03-3861-9570
  • アクセス:浅草橋駅(JR/都営浅草線)徒歩3分
  • 営業時間
    [平日]7:00~18:00(L.O.17:20)
    [土曜]11:00~16:00(L.O.15:20)
  • 定休日:第2第3土曜、日曜、祝日

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA