2022年度改定!進化した学生総合保障『学生あんしんパスポート』とは?

今年もコロナに翻弄され、デジタルの恩恵にあずかりながら、あっという間に年末に差し掛かりました。そのような環境変化があろうとも、受験生の皆さんは進学に備えて日夜励んでいらっしゃることでしょう。頑張ってね!暖かい春はすぐそこ。

新入学時に気になる学生総合保障制度がものすごいリニューアルをするらしいので、どこよりも早くリリースしたいと思います。それでは詳しく見て行きましょう!

※2022年度の加入開始は1月中旬を予定しています

GIGAスクール構想に対応

進学先ではGIGAスクール構想(全国の児童・生徒1人に1台のコンピューターと、高速ネットワークを整備する文部科学省の取り組み。「GIGA」は「Global and Innovation Gateway for All/全ての児童・生徒のための世界につながる革新的な扉」という意味。)に基づき、タブレット端末が貸し出されます。

タブレット端末をうっかり落として壊しちゃった場合、修理代は誰が払うのかご存知ですか?

そうです。 借主(=あなた)が修理代を払うのです。

身近で壊してしまった人、いたでしょ。保険が使えれば良いのですが、これまでは残念ながら対象外でした。

しかし、2022年度版の学生総合保障『学生あんしんパスポート』では対象になります!コレ、ほんとに驚きです!だってそんな個人賠償責任保険、今までなかったもの!

借りた物だけじゃない!

なんと!「携行品特約」で自分が所有するタブレットの修理費用も対象になります。

大人を対象とした保険では考えられません!!

一人暮らしの味方!借家人賠償のオールリスク補償

2022年度から親元をはなれて一人暮らしを始める方は必見です。

部屋を借りると大家さんへのお家賃払うなど、約束を守る責任が発生しますよね。例えば凡ミスで火事をおこしちゃったら建物の修理費用を支払わなければなりません。

以上のようなことはないに越したことはありませんが、こんなトラブルに対応してくれるのが、借家人賠償特約です。

今まで対象となっていたのは「火災・破裂・爆発」というヘビーな3種類でした。2022年度版からは『オールリスク』になるそうです。どのようなトラブルに対応できるのか、詳細は改めてご案内したいと思います!

払込方法の多様化

昨年はクレジットカード決済のみでしたが、買い物ついでにコンビニで支払いできるようになります。郵便局振り込みも対象だそうです。

現金でも現金以外でも決済可能であれば、自分に合わせた方法を選べて便利ですよね。こちらも詳細は改めて!

加入期間に見合った掛金

あったらイヤですが、もし春先にまた緊急事態宣言が発令された場合、新しい学校への登校は先延ばしとなるかもしれません。

だから、『学生あんしんパスポート』に入るのは通学できるようになってから、という選択肢もあるでしょう。でも、今までは期間が短くなっても掛金変わりませんでした。なんででしょうね??

2022年度版からは、期間に応じた掛金になるとのことです。

まとめ

加入者にとって、良い事ばかりの改定になりました。もちろん、スマホでチャチャっと手続き完了できます。

これからも細かい所を探って報告していきますが、今までの学生総合保障より、更にお役に立つと思いませんか?

(参考までに、2021年度の学生総合保障のサイトは以下のものになります。2022年度の加入開始は2022年1月中旬を予定しています)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA