カラーユニバーサルデザインって知ってる?

突然ですが、カラーユニバーサルデザイン(Color Universal Design)って聞いたことありますか?これは色覚異常などで色の見え方が一般と異なる人にも情報がきちんと伝わるよう、色使いに配慮したデザインのことです。

色覚異常についてはこちらの記事を読んでみてください。

もしも…ある日突然、色が分からなくなってしまったら。信号の色がよく分からなくなったり、色鉛筆の色の区別がつかなくなったり。日常生活の様々な場面で困ることは、すぐに想像できるでしょう。普段は意識していなくても、人は色から得る情報をとても頼りにしています。

今回は、色覚異常の方を社会から取り残さないための「カラーユニバーサルデザイン」についてご説明しましょう。

色覚異常とは?

色覚異常を持つ人は、日本では男性だと20人に1人、女性では500人に1人の割合でいると言われています。世界ではなんと2億人以上だとか!色覚異常があることと、視力の強弱には一切関係はありません。つまり、仮に視力が1.5あって細かいものまで見えても、一部の色の見え方が異なることがあるのです。

NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)では、色を使ってこのよう説明しています。

(写真許諾:CUDO 色覚型と異常より

C型は一般色覚で正常な色覚を持っている人。P型、D型、T型、A型は色覚異常の人です。

実は色覚異常はほとんどがP型(色覚異常全体のうち約25%)、T型(約75%)です。P型は赤色を感じ取る力が弱いか無い、T型は緑色を感じ取る力が弱いか無いです。

(写真許諾: CUDO 色覚型と異常より

例えばC型の人がピンクだと認識する色でも、P型やD型の人には青系の色に見えます。同様に赤や緑は、茶色に近い色に見えます。

カラーユニバーサルデザインとは?

そんな多様な色覚を持つさまざまな人のことを考え、色の情報が正しく伝わるように配慮したデザインが、カラーユニバーサルデザインです。

・できるだけ多くの人に見分けやすい配色を選ぶこと。

・色を見分けにくい人にも、形に差をつけるなどして情報が正確に伝わるようにする。

・色の名称を記載するなどして、色の名前を用いたコミュニケーションを可能にすること。

以上の3つの条件をクリアしたデザインだと認められると、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)から認証マークが与えられます。

ここで実際の例を見てみましょう。

例えば地下鉄の看板は白色と青色の組み合わせです。これは東京都のカラーユニバーサルデザイン(ガイドブック)の中で「見えやすい組み合わせ」として紹介されている配色です。

ところが、京都市の周辺鉄道路線図を見ると、地下鉄の路線図は色のみで区別されているのがわかります。これだと赤色、緑色が区別がつかない場合にどの路線なのか見極めることが難しくなります。

カラーユニバーサルデザインに沿うならば地下鉄ごとに柄を変えてあげるとかそういう工夫をすることになります。

現代は「色覚バリアフリー」の時代!

色覚に異常を持っていても誰も困ることなく、生きづらさを感じることのない世界。それを実現させるための手段がカラーユニバーサルデザインです。

そして、色覚異常ではない大勢の人たちが、カラーユニバーサルデザインを理解することも大切です。「私が見えているからいい」ではなく、一人一人の理解や意識が結果として、「誰も取り残さない世界」をつくり上げるのかもしれません。

実はNEONAVIもカラーユニバーサルデザインに即して配色を決定しています!知っていましたか?

【 ユニバーサルカラーデザイン有識者監修】
AFT色彩検定1級、東京商工会議所(旧)カラーコーディネーター1級(ファッション色彩)、各種パーソナルカラー等の資格等を持つカラーのスペシャリスト。新設された色彩検定UC級では色彩検定協会優秀賞を受賞。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA