K-POPを聴いたことないけど、BTSがちょっと気になる。そんなあなたにおすすめしたい動画

今日6月13日はBTS(방탄소년단/防弾少年団)のデビュー9周年。

つい先日6月10日に新曲『Yet To Come (The Most Beautiful Moment)』のMVが公開され、デビューからこれまでの楽曲を集めたアンソロジーアルバム『Proof』も発売されました。

これからどんどん新しい動きを見せているBTS。K-POPを聴いたことなかったけど、ちょっと気になるかも…?そんな方に彼らの魅力が詰め込まれた動画をご紹介します。

ちなみに私は全くK-POPに触れたことがなく、ロックやインディーズの音楽ばかり聴いていたのに、去年の夏頃にBTSのことをちょっと調べてみたらあっという間にARMY(BTSファンの愛称)になりました。

歌のうまさがわかる動画

歌手、ラッパーとしてのスキルがわかる動画をまずはおすすめします。

K-POPを聴いたことがない人は、「アイドルは歌がさほどうまくない」という印象を持っていることは少なくないでしょう。私もそうだったので。

特にMVなどの音源は調整されたり、エフェクトがかかったりしているけど、ダイレクトに歌とラップが聴ける動画なら彼らの魅力がちゃんとわかるので、バンドが好きな人にはとくにおすすめしたいです。

BTS: Tiny Desk(Home)Concert

まずこちらの「BTS: Tiny Desk(Home)Concert」

K-POPは詳しくなくても、Tiny Desk Concertは知ってる人もいるのでは?Tiny Desk Concertは、アメリカのNPR(National Public Radio)が2008年から運営しているコンテンツで、若手も大御所アーティストもコンサートを行ってきました。コンサートと言っても、タイトル通り小さな部屋で、特別な演出や照明もありません。アーティストの生に近い演奏を聴くには最高の環境です。

上の動画は去年公開されたもの。本来は現地アメリカで収録を行うのですが、コロナ禍で渡米できないため、「Tiny Desk(Home)Concert」となりました。

バンド演奏で、音源よりも声が前に出ています。BTSはダンスパフォーマンスしながら歌う曲が多いのですが、こちらはダンスなしで歌のみ。私はBTSを調べ始めた当初にこの動画を見つけて、「本当にうまいんだ!!」と衝撃を受けました。そういう意味で、アーティストの実力に厳しい方必見です。

'Yet To Come (The Most Beautiful Moment)' @ ‘Proof’ Live 20220613

(6月14日追記)

つい先日公開された新曲「Yet To Come (The Most Beautiful Moment)」のライブ収録映像です。”最も美しい瞬間はまだこれから”という意味が込められた曲で、これまでの9年間の活動をChapter 1 として締めくくり、Chapter 2 へ歩き始めるための停留所のような位置づけになっています。

そういう意味で、BTSのこれまでの歩みを少しでも知ってから聴いたほうがおすすめですが、とにかくめちゃくちゃいいライブなのでおすすめさせてください。天気も最高だし、全員が楽しんでライブをしている空間が、これから先の美しい瞬間に向かう希望にしか見えません。アンダーソン・パークがドラマーとして参加しているのですが、めちゃくちゃいい表情をしています。

▼ほかにはこちらもおすすめ

ダンスがやばい動画

BTSはよくダンスパフォーマンスが評価されます。でも、K-POPを聴いたことがない人やダンスに詳しくない人は、すごいと言われてもなにがすごいのかわからないと思うかもしれません。

私がBTSを知る前は、音楽は楽器を持ってやるのが一番かっこいいと思っていたのですが、彼らのパフォーマンスにはそんな全くの素人が感動せずにはいられないものがあるのです。

そんなダンスの素人が「ダンスってかっこいいんだ!!」と気付かされた映像を紹介します。

授賞式のパフォーマンス

まずこちら、2019年に発売された『ON』のパフォーマンス。「MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)」は韓国で開催される世界最大級のK-POP音楽授賞式。韓国では音楽の授賞式のスケールが大きく、何組ものアーティストたちがパフォーマンスを行います。

上の動画は2020年のMAMA。コロナの影響で無観客で行ったので事前収録ですが、事前収録ならでは、サッカーの競技場を貸し切って大規模なダンスパフォーマンスをしています。ちなみにこのとき、メンバーのSUGAが肩の手術で休養中なので6人での出演です。

もう一つ見てほしいのが、こちらも授賞式MMA(2019年)のパフォーマンス。

37分あるので、長いよ!という方は18分あたりの『Dionysus』から見てください。7人それぞれの得意を生かしたソロパフォーマンスのあとに、めちゃくちゃお金がかかってそうなステージが出てきます。

BTSには「ダンスライン」と呼ばれるダンスが特に上手なメンバーが3人( j-hope、JIMIN、JUNG KOOK)いるのですが、私が最初にBTSのダンスパフォーマンスに惹き込まれたのはジミンさんのダンスでした。そんなジミンさんは現代舞踊を習っていたので、バレエのようなしなやかで芸術的なダンスが得意。上の動画のソロパフォーマンスでも美しくて儚い演技をしています。絶対に好きになってしまうので見てください。

少し話が逸れましたが、Dionysusは古代ギリシアの芸術と酩酊の神、ディオニュソスをテーマにした楽曲。テュルソス、葡萄、酒坏などが歌詞やダンスで表現されます。芸術の神の狂気や苦悩がダンスで表現され、まさに命を削ってステージをやっていることが動画からでも伝わります。好きにならないわけがない。

Black Swan

上の2つと毛色の違う芸術的なダンスは『Black Swan』。

私はやはりジミンさんの美しいパフォーマンスが好きなので、ダンスも曲も含めてこの曲が大好き。一番芸術的な曲は?と聞かれたら即答でBlack Swan。

他のシングルやタイトル曲と比べると派手さはないのであまり注目を浴びることはないのですが、初めて彼らのことを知ろうとしている方にはぜひおすすめしたい曲です。

▼ダンス全体を見たい方は下記のような練習動画がおすすめです。

BTSらしさ!曲もダンスも最高な動画

最後はBTSらしさがあり、曲もダンスも最高な動画をご紹介します。

そもそも 방탄소년단/防弾少年団は、「10代・20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守り抜く」という意味が込められた名前。楽曲にもそういった抑圧や偏見への抵抗が現れています。

MIC Dropはアンチやヘイトを蹴散らす強い意志が込められた曲。私にはアンチなんていないけど、見て聴いているだけで勇気がわいてきます。ファンの中でも人気の高い曲。

実は私が一番お気に入りのMIC Dropは、日本のTV番組でのパフォーマンス。Dynamiteを発売してアンチが増えた頃に出演したもので、どうしてもぐっとくるものがあるし、なによりこんなダンス踊りながらめちゃくちゃ歌がうまいことに感動しました。ただ、その動画は公式ではあがっていないのでおすすめできません(笑)。複雑な気持ちですが、たまたま見かけた時に「これかな?」とでも思っていてください。

やっぱりダンスのかっこよさが異常なので、練習動画は1.5億回も再生されています!!(2022年6月時点)

もう一つ、『IDOL』も紹介させてください。ソウルの景福宮で、韓服風の衣装でパフォーマンスをしたこの動画、絶対見たほうが良いです。

最後は『Anpanman』。えっ?って思うかもしれませんが、私はこの曲には彼らが愛される理由がたくさん詰まっていると思います。

バットマンやスーパーマンのようなスーパーヒーローに憧れてみても、超人的なパワーもない。あげられるのはアンパンとお疲れ様の言葉だけ。でも、あなたのヒーローでありたい。だから全力を尽くして守るよ。と歌っています。

そんな考え方があったかくて素敵で、大好きな曲です。なにかに追い詰められたとき「無理にがんばらなくていい」と心を軽くしてくれる彼らは、まさにARMYのヒーローです。

最後に

色々紹介しましたが、もちろんこれだけではありません。YoutubeにはBTSの魅力が詰まった動画がたくさんあるので、気になったものを見てみてください。気づくと大変なことになっているはず!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。